アドリアナリマ

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 21:18
 2000年頃僕は研究成果を書いたポスターやコンピュターを持って学会発表をしていた。ニューヨークで発表して、東京に帰りながらサンフランシスコでもう一度。会場に居座る重鎮の学者達を唸らせるような、大した成果はあげられなかったが、何人かの若い研究者と実験方法について熱く語った。僕は英語はもちろん不得意だが、そういう問題ではなくて、とにかく必死に自分の考えをアピールしたのだ。そのためには英語が必要だった。
 マリナーズがサンフランシスコに来ていて佐々木投手が同じホテルに泊まっていた。彼は日本人としてハンサムな大男だった。そのホテルの朝食はコンチネンタルで物足りなかったので、近くのスクエアのレストランでオムレツを食べた。スクエアにはケーブルカーが走り、ヴィクトリアシークレットの路面店のウインドウにはアドリアナリマが微笑んでいた。
 僕は高校の時にアメリカンフットボールをやっていた。ジョーモンタナ、ダンマリーノが現役の時代だ。ウオルターペイトンとかね。だから今でも時々YouTubeでNFLの試合を見る。現代のスーパーボールはブルーノマーズやコールドプレイがハーフタイムショーに出ていて、昔よりだいぶ派手になっているが、マスコットガールはアドリアナリマだった。スタジアムジャンパーがとても似合っている。
 世界はInstagramの時代になった。Instagramは、素人が綺麗に写るので大人気だが、スーパーモデルを生みやすい。アドリアナリマは951万のフォロワーを持っている。ケンダルジェンナーは7153万。
 2016年12月にパリでヴィクトリアシークレットのファッションショーが開かれた。すぐにYouTubeにのせられる。レディガガ、ブルーノマーズ、ザ・ウイークエンドがパフォーマンスするランウエイにモデルが次々と現れる。2000人を超えるオーディションをくぐり抜けた、世界の最もナイスアンドセクシーな50人のエンジェルによるショーだ。10代のしなやかな体躯のモデルと共演するアドリアナリマ。1999年より18回目の連続出場で、今は36歳。アドリアナリマに憧れて育ったモデルが共演するのだから、舞台裏を見ると、親戚の集まった宴会みたいに盛り上がっていて、楽しそうである。
 アドリアナリマは頬を上気させてランウエイに現れる。物凄いオーラ、割れるような歓声、観客の一人一人を指差し、全員に目を合わせる、そして足を開いてポーズ、指で大きなハートを作って笑顔、最後にバチンとウインク。後ろを向くと、長い脚で戻っていく。
 いやー、ほんと凄いわ。2016年も綺麗だった。女神アドリアナリマによるランウエイである。2017年もお願いします、あなたを待っています、と拝んでしまう。
 しかしこのショーはファッションについてはどうでもいいと割り切っているところが潔い。エンジェルの魅力を引き出すことだけに終始している。とてもシックとは言えないし、むしろ下品気味なんだけど、エンジェルは全てを超越していて誇りを持って出演しているように見える。やる気満々のジジハディットは美しい。新人のジョージアフォウラーは奇跡みたいだ。それがこのショーの成功の秘訣なんだろう。
 英語がある程度できるようになると英語圏に入れる。ネイティブの人たちもすごいけれど、非英語圏から英語圏に乗り込んできた才能は強烈だ。アドリアナリマはブラジル出身でポルトガル語が母国語。エヴァグリーンはフランス。MIAはスリランカ。彼女たちの才能はもちろん凄いんだけれど、ファンがしっかり長い息をもってついているのは、同じように非英語圏から英語圏にいる人たちによるからなんじゃないか。だからアドリアナリマは文明的スーパーモデル。渦巻きの中心にいて、時空を超えようとしている。
 
 



リーバイスの洗濯問題

  • 2014.04.19 Saturday
  • 12:32
 まだ、ウオッシュ加工のジーンズが無かった時代の話です。
 リーバイス501はウエストと裾がピッタリとしているのがクールだった。当時は裾がボロボロになっているのは良くなくて、短いのはもっと駄目だと考えられていた。もっとも危険視されていたのは、ぶかぶかのジーンズを黒革ベルト(校章バックルつき)でギュッと締めて、足元は白いソックスが覗いている、という状態。それは、教育ママがボクちゃんジーパン買ってきたわよ、という雰囲気満載なのであった。
 当時、全てのリーバイス501は生で売っていた。ざっくりとデニムを編んでインディゴで染めただけ。触ると手が青に染まっていく。
 アメリカ直輸入なのでレングスサイズの種類が少なく、なるべくいい長さを選んでみても、後で裾を切る作業が必要であった。3週間ほど履いて3回洗濯すると縮みは落ち着いてくる。そこでショップに持ち込み、裾を切ってもらった。
 ボートハウスのトレーナーが喜ばれた時代でした。
 コンバース派はジャックパーセル、アディダス派はスタンスミスが人気だった。色は白が基本でコンバースのオールスターも白のハイカットが人気でした。
 一方で黒のオールスターは、バンド系専用靴みたいに思われていて、素人は手を出さなかったように思う。505も少なかった。
 今、考えれば、その時代はポスト・セックスピストルズであり、クラッシュが世界を席巻していた。リアルタイムに流れていたのはロック・ザ・カスバ。ロンドン最先端の彼らのパンクファッションは、相当に過激に見えました。
 ところで、それから30年後の2012年ロンドンオリンピック。テーマソングに選ばれたのはクラッシュのロンドン・コーリングである。むむむ。
「ロンドンにはパンクという文化も、あります」みたいな。
 とうとう世界はパンクにまですり寄ってしまった。ちょっと畏怖を感じる。確かに現代ファッションにパンクテイストは欠かせないが、個人的にはクラッシュの名曲はほおっておいて欲しかった。
 そしてリーバイスのヴィンテージが高騰した時代。
 ウエストや裾だけ合っていれば良かったのが、インフレになると、あろうことかジーンズのロットやエイジングの是非が問われる時代になってしまった。スオッチが高騰した時代でもある。
 そこで追及されたのは、どのようなリーバイス501に希少価値があるのか、かつそれに相応しいエイジングの技とは何か、であった。
 ヴィンテージの501に10万円も払う人がいた。僕はデブなのでサイズ的に蚊帳の外である。しかしエイジングの技については、異常なる事態を見ることになった。
 新品の501を履いて風呂に入る。太腿、膝と尻をよくこすって、膝の後ろを折る。ちょっと高めの位置で折ると、後姿で足が長く見えていいらしい。風呂からあがったら、折目が着かないように慎重に脱ぐ。そのまま平置きで乾かす。とにかくこの1回目の洗濯においては、余計な折り目をつけないことが重要である。そして乾いたら501を履くのだが、そのあと半年は洗濯しない。
 パーフェクトな折り目とグラデーションあるインディゴの色落ちが最上、という目的だけを追求した荒技である。
「お前さあ、ちょっと臭い」
「悪い、この501、4か月目」
「まだ洗わないのか?」
「うん、後2か月頑張る」
僕らは図書館を出て、公園のベンチに座っていた。コカコーラを飲む彼のジーンズ姿はクールだが、近寄ると臭かった。デートの時は洗いたての完成品のジーンズを履いていくそうである。
 太腿の前面から膝にかけての色落ち、股間の放射状のしわ、自然な尻に、膝裏のフォールド。頻回に洗ってしまうとジーンズは全体的にトーンダウンしてしまうが、半年かけて熟成された彼のジーンズは青から白まで濃淡がはっきりとしている。それになんとなく足も長く見えるし、いいケツをしている。
 半年は無理だけど、3か月くらい頑張ってみようかな。
 その後、ケミカルウオッシュやストーンウオッシュ技術が開発されて、エイジング加工済みの新品を買えるようになりました。
 先日ネットでリーバイス502を買った。タイトでほどよくスリムな502は、現代的なジーンズ。ストーンウオッシュ加工が施されていて、最初から格好いい。でも、膝とか膝裏なんかの位置が自分には僅かにずれている。
 そういう目で街中のジーニストを見ると、短足系ジーンズ履いてる男が意外に多い。

JUGEMテーマ:ファッション


ブルックスブラザーズのブレザーコート

  • 2011.11.17 Thursday
  • 12:11
 生地違いで何着か持っている。裁断が体にあうのと、そこはかとなく上品なので気に入っております。値段もビックリするほどには高くないし。
 最近一番よく着ているのは、ピンストライプのブレザーコートです。背中のカーブが良く、ダイナミックな腰まわりに見える上、肩も軽くラウンドしていて、こなれた感じ。そして特筆すべきなのは生地の発色。ネイビー地にシルバーのステッチが入っているのですが、夜会のライトにはダークな光沢をもち、自然光のもとではヴィヴィッドな藍色に見える。理想的なネイビーです。全体的に軽いデザインで、リーバイス501にぴったりと合います。
 ネイビージャケットとブロードコットンの白が、魔法にかかったみたいに、キラキラとするのが都会の大人のイメージですね。高校の制服みたいになっては失格。大人なんですから。ネイビーと黒の組み合わせもシックだと思う。シルクとかカシミアとか、軽快で光沢のある素材がいい。チョットいかついモード系のサングラスを組み合わせると、メトロポリタンファッションの完成。最近はプラダのスクエアなサングラスを愛用しています。サングラスは黒で艶があり、精緻なカットが好き。小物なのに全体に影響を及ぼすので、顔に合うものを慎重に選んだら納得ゆくまで鼻を調整しています。
 ブルックスブラザースのブレザーにリーバイスの501、サイドゴアブーツを履き、Tシャツを着ていると……高校生の時と何も変ってないじゃん! 
 30年前と本当に何も変っていない。

「ブルックスブラザーズの似合う男の人が素敵」
当時、憧れていた女の子が言った。東京の夜会の住人で、デニムの似合う女の子だった。思いを打ち明けることもないまま……。

JUGEMテーマ:ファッション


「吉原つなぎ」 「かまわぬ」 手ぬぐい いせ辰

  • 2011.11.17 Thursday
  • 07:30
 この2つの手ぬぐいは、藍色の本染めで、すばらしい発色と素敵な江戸の意匠です。色落ちするので、最初は手洗いが必要になりますが、次第にぬけて良き風合いへと変化してゆく。汗を拭いたり、かぶったりと重宝しています。日本橋三越の呉服売り場に置いてあるのでチェックしてみて。風呂敷を探すのもとてもおもしろいですよ。

 僕は映画『さくらん』のイメージカラー、水色の地に赤い花柄の風呂敷を愛用しています。

JUGEMテーマ:ファッション


TOPMANのTシャツ

  • 2011.04.29 Friday
  • 20:11
オックスフォードストリートにあるお店がバーゲン中だったのでTシャツを山ほど買ってしまった。かわいいTシャツばっかりだ。(オヤジが実際に着るとピチピチし過ぎて、あまりかわいくないのだが)

ふと隣を見ると、黒メガネのちょっと弱っちいイギリスの高校生(男子)が、コロっとしたお母さんにTシャツをねだっていた。

「お母さん、このシャツが欲しいんだ」

「あら、18ポンドもするの。高いわね。こんな感じのシャツ持ってるじゃない。だいいちぴったりし過ぎていて、おなかが出ちゃうわ。だめよこんなの」

「最近こういうTシャツが流行ってるんだよ。おねがいだから買ってよ」

とてもいい雰囲気の親子だった。


リーバイス501とロンドンファッション

  • 2011.04.29 Friday
  • 09:11
最近、リーバイスジャパンのホームページを見ていたら、昔ながらの普通の501XXは買えないことに気づいた。それはとてもショックだったが、仕方ないなあと思い直し501®というジーンズを買った。股上の浅い少しモダンなダメージジーンズだ。はいてみたら確かに501XXよりもクールだった。そしてなんだか体に柔らかくフィットしてくる。今時のジーンズの進化は凄い。
 501®はたくさん商品があるが、どれも昔に比べれば股上が浅くて、ストーンウオッシュ加工がまあまあ大人しく入っている。一般的にダメージジーンズというと、少し色落ちしたものから、ぼさぼさの穴あきジーンズまで、色々なエージング加工のものが含まれるらしい。
501®は、ポケットの上部や、股関節の前のしわが少し白くなっている程度で、最近のダメージジーンズでは上品なほうである。

夏のロンドン旅行では501と黒のオールスターに、洗いたての白いシャツを着て、ネイビーのジャケットかコットンセーターを持って街に出かける。バックの中にはパタゴニアの黒いレインコートが入っている。凄くシンプルで、あっけないファッションなのだが、これくらいの装いのほうがロンドンの街になじむ気がするのである。ロンドンファッションは基本的にかなりコンサバティブだ。パンクな人はほとんど見かけないし、多くの人たちはデザインや流行よりも、いかに自分にぴったりと合う服を選ぶかに最も気を使っているようだ。なかなか難しい街である。ジーンズに穴があいているとハロッズなんかは入店できないらしいし。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM