奥田英朗 どちらとも言えません 村上春樹 女のいない男たち

  • 2014.06.03 Tuesday
  • 12:34
 先日、新刊を置いてある本屋(古本屋じゃない)で買った2冊です。
 私事ですが、書評というのはどうやって書いていいのか全く分からないので、読書感想文みたいなものを書いてみます。
 僕は短編集やエッセイを読むときに、まず目次をみてページ数の短いものから読み始める、という癖があって、特に奥田英朗さんのこの本は「順番なんかどうでもいいだろう、適当に好きなとこ読めよ」という雰囲気満載だったので、あっちいったりこっち行ったりしながら読みました。
 ところで長い文章を読み始めるのって、なんとなく怖くないですか? 僕は長編小説を読み始めるときに、かなりの覚悟を必要とします。仕事の溜まり具合とか、体調はどうかとか、奥さんの機嫌をみてみたり、なにやら、かにやらをチェックしてから、よし! とおもむろに読み始めます。
 僕の結論「奥田英朗 どちらとも言えません」は凄いエッセイです。何が凄いかは、読んで頂くしかないのですが、元体育会系男子にお勧めしたいエッセイですね。
 しかし読書感想文が「凄い」だけだと学校の先生に怒られるよなあ。でもね、何を書いていいか、本当によくわかんないんですよ。ナンバーに連載された有名なスポーツ関連のエッセイだし、文章は最高だし、とにかく面白いし、奥田英朗さんと言えばインザプールが大人気の直木賞作家でしょう、あ、そう言えば、ネットで調べた奥田英朗さんのお顔は、ハンサムなエグゼクティブ紳士という感じでしたね。文体からは、昭和の営業の課長みたいな小太りのおっさんを連想するのですが、全然違いました。
 「村上春樹 女のいない男たち」は、まだ半分しか読んでいません。(ドライブ・マイ・カー)を読んで、(女のいない男たち)を読み、(イエスタデイ)を読んだところです。
 (ドライブ・マイ・カー)は、おお、こんなにフェミコード引っかかりまくりの冒頭部から始まっちゃって、この先どうなるんだろう、とドキドキしながら読みました。比喩が少なくて描写メインの簡潔な文章。全体的に少し説明臭い感じがして、意外でした。
 (女のいない男たち)は春樹節が炸裂。もう、凄すぎて良く理解できないので、もう一度しっかり読もうと思っています。
 (イエスタデイ)は、好きな短編だなあ。いいですよね、僕は好きだ。
 ということで、読書感想文みたいなものですらない、しょうもない文章をたらたらと書いていますが、ここまで読んでくださった心の広いあなたに僕は本当に感謝しています。ありがとうございます。今夜はこれからいいことありますよ。
 しかし村上春樹さんの新刊が出ると、アマゾンのレビューを読むのが面白いですね。春樹信者派とアンチ春樹派が、それぞれ論陣を張って真剣に戦争みたいにやりあっています。面白いのは、怒っている人、幸せな人、呆れている人、感動している人、沢山の人々の率直な感想が真摯に書かれていることです。
 僕は春樹さんの新刊をのんびり読み進めつつ、アマゾンのレビューを見て、またちょっと読んで、という感じでゆったりやっています。そうすると、いつまでもするめみたいに味がして、いいもんだなあ、春樹さんの新刊は。


JUGEMテーマ:読書


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM