アクセル全開。それは決定事項 (タイシリーズその8)

  • 2014.06.12 Thursday
  • 13:12
 タイのパタヤにいる。
「ここで諦めたら、二度とマリンジェットに乗れないな」
僕はヤマハの102馬力のハンドルをギュッと握っていた。
 今、別れたら、それは今生の別れとなる。大仰な物言いではなく40余年生きた実感である。若くないから、次はないのだ。
 そんなの悔しい。
 しかし、さっきから海にぷかぷか浮いているのだが、なんとなく船体が安定してきている気がする。シートを内股で強く挟み込んで、腰をリラックスしてみる。スポーツジムの乗馬マシンと同じ感じだ。おお、何とか停船していられるではないか。
 僅かだが気持ちの余裕ができたら、急に視界が広がった。
 そこは青い海であった。波もなく、オフ・ショアの風がゆるやかに吹いている。そして見渡す限りの海と、僕とマリンジェットだけ。
「なんてこと」
とてもチャーミングな南国の海だった。
 そう言えば噂では、東京湾は渋滞になるらしい。水上バイクによる東京横浜間のツーリングが人気だそうである。湾内の水上バイクの航路は制限されているので、夏季には狭い水路で渋滞が起こるというのだ。
 神田川でノロノロ運転するところを想像する。水上バイクがぎっしりと並んでいる。脇見をすると右岸も左岸も、黒ずんだコンクリートの壁である。ガードレールの向うにハイエースが走っている。ああ、いやだ。僕は川とか池とか、そんなジェットに憧れたのではない、海、それも絶対、南の海。パールのネックレスみたいに、南の島を突っ走る。マイ・オールブルー。
「今、夢のようなところにいる」
立ち直りのきっかけは、忙しない小商売人みたいで情けないのだが、僕の思考は前へ向いた。スポーツ選手のメンタルトレーニングを思い出した。この状況だと、こけたくないと思うから、怖いのだ。こけてもいい、いや、むしろ一回ぐらい豪快にこけてみよう、とイメージする。そしてあっちの岩まで、アクセル全開。それは決定事項であり、絶対にアクセルを緩めない、と決めたのであった。
 さあ、後はやるだけである。
「うおおおお」アクセル全開。
 恐怖からの解放、そして自由、きらきらした海面、咆哮する102馬力のエンジン。
 日本に帰ったら免許取り直し。うほほ。


JUGEMテーマ:旅行


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM