ひとり焼肉

  • 2014.07.09 Wednesday
  • 12:29
 先日、家族に内緒で、ひとり焼肉に行ってきた。いつもの牛角ではなくT海苑という高級焼肉屋である。店はボロイがいい肉を出すので有名な老舗である。
(こんな美味しい物をひとりで食べちゃって)と片腹痛い。しかしひとりだから最初から最後まで好きなものを頼み放題である。タン塩にカルビにサンチュにナムルにキムチにライス。あとタマゴスープも。
 最初にタン塩を焼いた。タンは歯ごたえが弾むようで、モツとも肉ともいえない独特の風味である。焼肉屋に行くと、僕はきっとタン塩を頼んでいる。しかしタンはあくまでも焼肉における前菜であると思う。ヨーロッパ料理なら肉のゼリーよせ、中華なら蒸し鶏みたいなものだ。
 そして焼肉のメインといったらカルビなんじゃないか。ひとり焼肉の時には、ハラミとかロースとか頼もうとは思わない。せっかくの機会なのに余計な浮気をしている場合ではないし、我が欲望まっしぐら、で全然問題ないのだ。
 例えばT海苑のメニューには極上ロースというのがあり、それはとても見事でおいしい。薄めのステーキにしたら最高だと思う。しかし焼肉はあくまで王道カルビである。カルビだけで腹いっぱいになりたいのだ。カルビカルビカルビ。ということで、タン塩の次はカルビである。
 僕はひとり焼肉は、韓国式で食べている。だからカルビは塩ではなくてタレのカルビだ。ご飯と一緒に食べるからである。
 カルビを鉄板に置く。じゅーっという音とともに煙がもくもくと上がる。うほほ。
 次にサンチュを左掌に開いて、そこへご飯を置いた。分量は高級鮨屋の握り一個分である。ナムルをごちゃごちゃと箸でかき混ぜたら、適当に掴んでご飯の上へ、そしてキムチも一枚載せておく。
 左掌を上に向けて、右手には箸を持ち、僕は仏像のようなポーズでカルビが焼けるのを待つのであった。
 そしてプチプチと脂が煮えたぎっている肉片を、小皿のタレにドブンとつける。すぐさま左掌のご飯の上に載せて、サンチュでクルクルと巻いたら、手巻き鮨みたいにかぶり付くのであった。もぐもぐ、もぐもぐ。タレのカルビとご飯のコンビネーションは最高だ。そこにナムルの胡麻油や繊維質、キムチの酸味や発酵味が絡んでくる。そしてサンチュは消化にいい感じがする。こうした韓国式というのは、焼肉ご飯を基本とした複雑な味わいの焼肉料理、と言えると思う。そしてこれをぐるぐると繰り返すのが、僕のひとり焼肉なのであった。
 ところで焼肉においては、焼きがとても重要である。
 僕は肉の表面がうっすらと茶色く焦げるまで焼く。肉が赤から灰色へ変化し、そして僅かに一段だけ焦がすのである。内部はミディアムレアが理想だ。
 ひとり焼肉だと、気を紛らわされることなく、一貫して自分好みの焼きを肉へ施すことができる。
 例えば、職場の付き合いで、後輩や看護師さんと「焼肉いこうか」という食事会で、
「肉を焼くのは2回だけだ。表と裏。返しのタイミングは、表面にうっすらと肉汁が浮いてきた刹那」
「ほら、それ、裏返して」
こんな風にオヤジがぶつぶつ説教していたら、雰囲気最悪である。せっかく焼肉を食べながら職場の人間関係の円滑化を図ろうという目的は、木端微塵だ。
「お肉、もっと食べますかあ」
気のいい新人の看護師さんが、トングで肉をどっさりと掴んで鉄板に載せた。そしてフライ返しみたいに肉をひっくり返している。鉄板は水気が泡となり沸騰している。肉はくたっとしたまま灰色へ変わっていく。
(それは焼き肉じゃなくて煮肉)
と思っても、口には出せないのであった。 
 調子よくクルクルと巻いていると、サンチュの大葉が無くなった。小さいのが2、3枚残っているだけ。ナムルもキムチも残り少ないし、ご飯も冷えた。
 ここからがひとり焼肉の最後のシメである。僕はサンチュを手でちぎって飯腕に投げ込んでいく。次にナムルとキムチも投入する。皿を傾けて汁まで残さず飯腕に入れてしまう。そしてご飯をかき混ぜる。本場の韓国人はこの混ぜについてなかなか煩いそうだ。徹底的にかき混ぜたら、残りのカルビを焼き始める。
 焼き上がった肉を飯の上に載せて、肉もろとも飯をかっ込む。わしわし、わしわし。自家製ビビンバ・カルビ丼である。
 それはフグの雑炊みたいに美味しい。


JUGEMテーマ:グルメ


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM