文体が変わってしまうのだ

  • 2014.08.28 Thursday
  • 12:38
 漫画を読んでいて、突然、裏切られたような気持ちになる。以前のように、調子良く読むことができない。この気持ちの原因というのは何なのだろう。僕は漫画から頭を上げ、そして内省してみる。それから自分の体調について考えてみる。
 明らかな原因は無さそうだ、という結論に落ち着く。そして再度、漫画に目を落とすと、気になることがある。
 絵が変わっている。
 この気持ちを最初に抱いたのは小学生の頃であった。スマホもゲームボーイもない時代に、僕の楽しみは漫画だった。少年ジャンプが好きで、月曜日になると駅の売店に並ぶのを買った。小学生のくせに時間がなかったので、塾に向かう山手線の5駅の間に、一冊まるまる読み切った。
 何処の街だか忘れてしまったが、土曜日にジャンプを売る店があった。友達に教えてもらってごそごそと買いに行った。店の奥に闇米みたいにジャンプが積んであった。土曜日の午後に家の縁側で読んでいると、王様になったような気分であった。
(なんか絵が違うな)
リングにかけろを読んでいる時、ふと思った。見開き1ページにわたり必殺技でライバルを倒すシーンである。何か違う。ドラゴンボールでも感じた。スーパーサイア人が出てきたあたりで、僕はかなりの違和感を覚えた。
 一方、変化をナチュラルな営為として、しっかりと納得させられてしまう作品がある。3か月毎にコンビニの本棚を占領するワンピースである。ハンコックが出てきたあたりで、だいぶ絵が変化してきたなあ、と思っていたら、時は流れて世界は大きく変化し、ルフィーもナミも子供から年頃の海賊の姿にがらりと変化した。こういうストーリー展開があるのか、と感激してしまった。
 漫画の絵すなわち表現の変化と作品の折り合いをどうやってつけていくか。長期連載を抱える人気漫画家はなかなか手を焼いているようにみえる。あるいは天才は意図的に表現を変化させているのかもしれない。
 漫画の絵による表現とは、文章ならば文体である。
 天才とド素人を比較するのは大変失礼なのだが、個人的に、文章を書いていると文体がどんどん変わってしまうのだ。
 文体は文章の本質と言われているから、文体の変化は、文章の書き手の変化であり、それは成長である、と言えなくもない。
 そう言ってしまえば、なんとなく格好がつく感じがするが、実は僕がここで言いたいのは、そんな高いレベルの話ではない。僕の場合だけかもしれないが、今日と昨日のたった一日でガラッと変化してしまうのである。文体が。
 危険なのは読書だ。
 天才の文章を読むと、読んだ端からどんどん文体が変わってしまう。天才の文章というのは、文体もやはり天才的であり、非常に強い力を持っている。読書は作家の文体というビークルに乗って世界を走り回ることだから、一度そこに身を預けてしまうと、影響を受けないようにすることがとても難しい。
 例えば村上春樹の文章を読むと、あの素敵な文体が頭にこびりついて離れなくなる。独特のリズムや言い回し。村上春樹の真似をしたら文学新人賞は通らない、と言われている。何故なら冒頭の5行を読めば、村上春樹の真似だとすぐにばれるからである。その瞬間ボツ。
 東野圭吾も危険だ。東野さんの文体はミネラルウオーターのようにするすると滑らかである。文学臭を完膚なきまでに排除したその文体は、素人が真似をすると、内容までするすると消えてしまう。読んでも読んでも、何も書いて無い文章。恐ろしい。恐ろしすぎるから、僕みたいな素人は絶対真似してはいけないと思う。
 奥田英朗さんのエッセイも危険だ。一読すると、その辺のオヤジの説教みたいな文体である。ついつい、まあオヤジ同士だから、と気が緩む。しかし真似をするには知識と頭脳が違い過ぎる。あくまで、オヤジの独り言のような文芸、に他ならない。
 穂村弘も文章の内容はもじもじしていていかにも害がなさそうだが、実は非常に危険だ。彼はもともと歌人なのだ。文体の革命家である。モテないブサメンのふりをして文章に身を隠しているが、彼の野望はこの世界を破壊して、新世界を生み出すことにある。そんな危ない人の影響を強く受けてしまうと、僕の文体の行く先は自爆である。
「好きな作家を見つけなさい。そしてその作家と違う文章を書きなさい」
誰の言葉だったか忘れた。


JUGEMテーマ:日記・一般


JUGEMテーマ:読書


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM