今の方が豊か

  • 2014.09.20 Saturday
  • 16:30
 若い人たちは何か勘違いしているように思えてならない。バブル時代の、日本人は本当に豊かだったのか? 
 いや、結構ビンボーだった、と僕は思う。

 吉野家の牛丼の並は400円で、1ドル150円の時代である。
 高校生の僕の憧れは、アヴィレックスB3フライトジャケットだった。茶色いシープスキンで首元に白いボアのついた革ジャンだ。今でも売っているようだが、当時の販売価格は23万円位だったと思う。
 夜の銀座は、ピースサインや指3つサインを作って手を上げないと、タクシーが止まってくれなかった。それはメーターの倍や3倍の料金を払いますよ、というサインである。
 銀座の鮨屋の本マグロのオオトロの値段は1つ2500円。1貫2個で5000円であった。刺身も値段は同じだから、オオトロの刺身6枚一皿で30000円になる。
 銀座のクラブが繁盛していて、エグゼクティブ専用の会員制サロンみたいになっていて、当時のできる大人の信仰の対象だった。其処を仕切っているのは銀座のママという人種である。次にチーママがいて、ナンバーワンのホステス、その妹分と続く。有名クラブでは30人も揃って客をお待ちしていたようである。ヘネシーなんかをボトルキープするとチヤホヤされたらしい。
 銀座の電通通りには、縦列駐車が横行していた。Sクラスとロールスロイスが2重になっている。ホンダのNSXの新古車が1500万円、BMW3シリーズは六本木のカローラと呼ばれていた。イヤな言い方だと思った。
 三菱地所だか三井不動産だったか忘れたが、マンハッタンのロックフェラーセンターをアホみたいな高額で競り落とした。
 ゴルフ場の会員権は億を超える値段で取引され、土地や建物の値段は高騰し3億円とか4億円出さないと山手線内のマンションや都内の一戸建ては買えなかった。
 そしてバブルは崩壊した。日本が初めて経験したバブルであった。 
 
 じゃあバブル時代の日本人の給料は凄かったのか? 
 そんなことはない。今と同じか、むしろ低めだと思う。日本は1980年から1990年の10年間で一人当たりGDPが200万円から400万円弱に倍増したのである。
 だから年収500万円から600万円が東京の平均的年収と考えられる。今から振り返ると、絶対的な数字としては、それほど高いものではないと思う。だが当時はものの値段が高かった。高校生の欲しがる革ジャンが23万円もした時代である。選択肢が限られていたのだ。だから少しくらいお金があっても、ビンボーだった。満たされないのである。そこが今と昔は全然違う。今23万円ものお金を使ったら、あなたの部屋は好きなもので溢れかえるのではないか。
 ただ、人々の勢いは凄かった。10年間で収入が倍増することを考えてみてほしい。23歳で年収500万円の人が10年後の33歳には年収1000万円に確実に到達するのだ。昇給分も含めたら1500万円に届くかもしれない。
 その一方で、個人ではなく法人が持っているお金がダブついていた。その頃、夜の街で豪遊している客の多くは、会社の金を使っていた。接待交際費という名目で、レストランのあとは飲み屋に流れて、けれど領収書をもらえば、10万円をいともたやすく生み出せた。いやむしろ接待交際費をバンバン使って、仕事をたくさんとってくるような人ができる大人と考えられていた。そんな得体のしれない金がゴルフの会員権やら不動産に流れたら、あっという間に値段は高騰していくだろう。真価を置き去りにして。
 シンプルに言えば、そうしてバブルはおきた。その後の日本の25年間はご存知の通りだ。
 しかしそれでも日本は正気を保っている、と僕は考えている。衣食住に本当に困っているケースはまれだし、公共設備の充実や街の清潔を見れば、この国が多くの富を持っていることがわかる。
 だからバブル時代と比べたら、今の方が豊か、と僕は思う。
 ただ、不気味なのは差が開いていることだ。平和は富の偏在を生む。そうして生まれた格差は、熟して腐乱すると、革命によって破壊される。そして世界はまた更新されるのか。

JUGEMテーマ:日記・一般


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM