オーディオテクニカ カナル型イヤホン audio-technica ATH-IM02 の使用経験

  • 2014.11.03 Monday
  • 18:24
 オーディオテクニカのカナル型イヤホンATH-IM02を購入しましたので、使用感について報告します。僕はジムで運動するときに、ポータブルオーディオシステムで音楽を聴きます。音楽ジャンルはロック、ハウス、R&Bなどです。
音源   iPod nano
DAC    FOSTEX HP-P1
アンプ  EK JAPAN TU-HP01
イヤホン audio-technica ATH-CK70PRO からATH-IM02に変更
イヤホンチップ Comply イヤホンチップ Tx-400
 真空管のポータブルアンプはオペアンプを新日本無線MUSES02に変更しています。
 オーディオテクニカATH-IM02の購入動機は、低音の締まったモニターサウンドということ、運動中に音楽を聞くので、カナル型イヤホンはなるべく軽量なほうが、音像のぶれが少ないという小経験に基づいています。そして個人的に、かなりの音量で上記のジャンルの曲を聞いているため、周波数特性が20000ヘルツを大きく超えるようなモデルだと、音楽の再現性は良くても、聞き疲れが激しくなるので、本モデルおよびATH-IM01が選択肢になりました。

 audio-technica ATH-IM02の音について
 低域は相当に引き締まっています。中域および高域の、音の明瞭さ、音質、セパレーション、音場などについては、極めて素晴らしいレベルにあると思います。効率は改善され、硬質なモニターサウンドで、ばりっとした音の新鮮さや力強さを持ったモデルだと思います。
 ロックやデジタルサウンドを誇張なくモニターライクに聞きたい、上質な音で聞きたい、音量を上げて聞きたい、という方にはおすすめできる、コストパフォーマンスの良好な、ハイエンドの範疇にあるイヤホンだと思います。

 audio-technica ATH-CK70PROとATH-IM02の比較
 ATH-CK70PROはフルレンジ一発のイヤホンですが、コンプライのイヤチップを装着し、耳の奥に突っ込んで、爆音でロックをかけた時は、本当に凄まじい音です。伝説の名機として歴史に残る可能性がある。
 しかしATH-IM02は、通常のリスニングにおいて、明らかに効率的になり、音質の向上が図られています。日常的なモニターサウンド系のイヤホンとしてお勧めできます。


JUGEMテーマ:音楽


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM