12月 下北沢のアパートにて

  • 2016.12.18 Sunday
  • 10:30
 今は12月、僕は下北沢のアパートにいる。今日は1日オフなので、小説を執筆する必要はないのであった。1月にロシアへ行くので、その準備のために今日1日を当てることにしていた。
 僕は冬にハバロフスクへ行くのは初めてだ。噂によるとマイナス30度から35度になる日もあるらしい。
『街路樹に氷がキラキラ光ってとても綺麗なの、空中にダイヤモンドダストがキラキラして』
 うん、キラキラはいいのだが、しかし、そんな時に屋外に出て、本当に人間というのは大丈夫なのか? 
 僕はハバロフスクのカリニナ通りのアパートに泊まる予定だ。カリニナ通りはアムール河畔にある。そこは街の中心で、カフェや市場、レストランに歩いて行ける。しかし、マイナス30度の寒さで、シベリア大地を凍らせる北風が吹き、地吹雪になっていたら、ひょっとして、人間というのは50mも歩けないんじゃないか?
 マイナス30度というのはバッテリーが作動しないことがある温度らしい。スマホが止まるのは困るが、郊外の森の中を走っていて、ちょっと車を止めて小さな用を足したとして、その後、エンジンがかからない、ということがあるそうだ。だから車のエンジンは絶対に切ってはいけない。あるいは、屋外の駐車場に車を置いて、寒冷地仕様でない車だと、朝はエンジンがかからない。そのため夜は3時間おきにエンジンをかけるそうである。
 うーん。ちゃんと生活できるかな。不安だな。
 僕はカリニナ通りのアパートを想像してみる。
 先ずは、水道の水をそのまま飲んではいけない。一旦沸かして紅茶かコーヒーにして飲むことになる。コーヒーはインスタントコーヒーしか売っていないから、やはりロシア風に甘いレモンティを飲むかな。そうすると紅茶とレモンを買っとかないといけない。しかしレモンティだけだと飽きちゃうだろうから、牛乳も買いおきしよう。そして昼は毎日レストランに食べに出るとして、問題は朝飯だ。卵とベーコンは買っておこう。スクランブルエッグかオムレツにして食べよう。ベーコンといえば、西シベリア地方のオムスクベーコンというのが最高に美味しいらしい。あと、黒パンはやっぱり常備しておきたいし、チーズとサラミも、旨いやつをテーブルの上に置いておきたい。それからせっかくロシアなんだから、スメタナ(サワークリーム)とイクラは少しでもいいから買わなきゃね。共産党時代のパッケージで有名な冷凍ペリメニ(ロシア餃子)も買っておこう。夜、レストランへ行けない時は、それをコンソメスープで食べよう。サラダ用の野菜はどうするかな。
 次から次へと、食べ物の想像ばかりが、頭に湧き出してくるのであった。どうも昔から僕は、衣食住という言葉は順番がおかしいと思っているのだ。食衣住の間違いだろう。
 よし、決めた。市場には毎日出かける。どんなに寒くても、猛吹雪でも、1日に1回は必ず市場に行く。マップで確認すると、アパートからだいたい1km離れたところに中央市場があった。
 そして中央市場の近くに、なかなかいい感じのカフェがあった。free Wi-Fiのステッカーも貼ってある。アパートから反対方向へ歩かねければならないが、投稿されている写真やコメントはとってもいい感じだ。
 よし、決めた。このカフェにも毎日通う。僕は真っ当なコーヒーが飲みたくなる発作が必ず1日1回はやってくるのだ。
 そしてマップ上で、アパートから中央市場からカフェ、のルートを確認して見ると、だいたい3kmである。早く歩いて30分、ゆっくり歩いても1時間はかからないはずで、散歩にはちょうどいい距離である。

 僕は新宿のスポーツ用品店にいた。
「マイナス30度の屋外活動するのに適したアウターください」
「マイナス30ですか」
「ええ」
「最高レベルの防寒機能が必要になります」
ということで僕はパタゴニアの3レイヤーの重装備なジャケットを買ってしまった。そしてタイツにソックスにビーニーに手袋、もしかしたらゴーグルも必要になるかもしれないぞ、ということで、もう、買いまくりである。

 よーし、これだけあれば、カリニナ通りのアパートに住んで、毎日、市場にカフェにレストランに、と自由に歩けるはずだ。ほほほ。両手に紙袋を抱えた僕は下北沢のアパートに帰った。早速、部屋の中で着てみる。ユニクロのダウンとは厚みが全然違う。そして首回りの保温機能が満載だ。
「新しいスキーの服、買ったの?」うちの奥さんである。
「え、ハバロフスク用の服だよ。マイナス35度でも大丈夫だって」
「スキーの服みたい」
「いや、防寒機能がね、凄いんだよ、3レーヤー構造でね」
「ふーん、でもスキーの服みたい」




JUGEMテーマ:日記・一般



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM